チャートはドレンドとレンジからできている

FXで勝つ方法って知ってますか?

簡単です。
上昇トレンドのときに「買い」でエントリーすればよいだけです。

では、上昇トレンドってなんでしょう。
それは、上がったり下がったりしながらもレートが上昇している状態のことをいいます。

 

下降トレンドでも同じです。「売り」でエントリーすればよいだけのことです。

 

では、なぜ多くの人がFXで勝てないのでしょうか!!

 

上昇トレンドの理解

相場は、次の3つの状態に区別できます
1. 上昇トレンド
2. レンジ
3. 下降トレンド
レンジ相場とは揉み合い相場とか持ち合い相場ともよばれています。
上昇でもない下降でもない、どっちつかずの相場をいいます。

 

FXで勝てない理由のひとつには、相場の状態を理解していないことがあります。

自分が上昇トレンドだと考えて「買い」でエントリーしても、
より多くのトレーダーが「買い」でエントリーしないとレートは上昇していきません。

また、時間軸を意識することも重要です。
この上昇トレンドは、どんな時間軸で上昇しているのかを理解していないと、
気づいたら下降トレンドに転換していた。ってことが起こります。

 

現状はどんな時間軸(時間足といいます)で、どんな状態にあるかを把握することが重要になります。

 

チャートには、時間軸を変えて表示する機能があります。

ローソク足1本を1日とする日足
ローソク足1本を1時間とする時間足(60分足)
などです。

よく使われるのが、
月足
週足
日足
4時間足
時間足(60分足)
15分足
5分足
1分足
などです。

 

上昇トレンドの定義

では、上昇トレンドの定義ってなんでしょう?

私たちが知ることができるのは過去の値動きだけです。
過去、上昇トレンドでは、こういう値動きをしていた。ということは分かります。

これらの値動きを分析する手法は「テクニカル分析」と呼ばれています。

 

このブログでもテクニカル分析について詳しく説明したいと思っていますが、
テクニカル分析は、過去の値動きから現状を分析するものであって、
これからの値動きを予測するものではありません。

 

いくらテクニカル分析をしたところで、これからレートが上がるかどうかは分かりません。
後でみると上昇トレンドだった。

これが本当のところです。

 

ですから、FXで勝つためには
現状把握のうえで、上昇トレンドに乗れるようにエントリーしていく。

もちろん、上昇するとは限らないし、どこかで反転するかもしれません。

それらのリスクを含めてトレードする戦略をたてること、それがFXに勝つ技術です。

 

チャート分析

ドル円の週足をみてみましょう。
週足でエントリーすることはありませんが、長い時間足で傾向をつかむことは重要です。

trend

2012年から現在(2016年8月)までの週足チャートです。

12年末から97円台から半年で100円あたりまで上昇しました。
しばらくレンジ相場が続いたあと、14年末から再度上昇し125円まで上昇しました。

15年はレンジ相場の年と言えるでしょう。

そして16年ついに下降トレンドに入りました。
今、100円を下回るかどうか。ここが争点になっています。

 

この大きなトレンドに乗れば負けようがありませんね。

しかし、実際にはトレンドの中でもレートの上がり下がりがあります。
この変動をどうリスクするか、また精神的にどう耐えるか。

この戦略を立てることがFXで勝つ極意です。

 

 

 

 

サブコンテンツ

速見秀太のプロフィール

しゅうたです。ブログへようこそ!
あなたと一緒にFXで夢を実現させましょう。


剱岳です。
山はいいですね、仕事もFXも忘れられます。

職業:某製造業に勤める会社員
資格:FP2級
   アロマテラビー1級
趣味:テニス、ゴルフ、登山とアウトドアが中心です。

—> しゅうたのプロフィール

メルマガ会員募集中

初心者のあなたでも安全にFXで勝てます。
「メルマガ 速攻FX〜初心者からのFX講座 登録・解除」

このページの先頭へ